2007年9月 4日 (火)

卒業検定

9月3日(月)、卒業検定受けてきた。
土,日曜に受けたかったのだが、夏休み終わりの駆け込みのせいか予約一杯だったので一日休暇を取った。

 

11:10に受付開始だったので20分ほど前に到着。11:10になり受付をすませ、検定の説明を受けるため教室へ。
自動二輪の検定者は大型2名、普通2名、普通AT1名の合計5名。順番は2番目だった。
説明が終わった後は時間になるまで待機、二輪のコースに行って教習を見学するなどして時間をつぶす。

 

12:20になり、午前中の教習が終了していよいよ検定の開始。練習もなくいきなり4日ぶりの乗車だったので心配だった。

が「あ~っ」というまに終わってしまった。

自分でわかったのは「スラローム遅い」のと「平均台早い」、パイロン接触や脱輪で検定中止になるよりいいのでよしとする。
13:00頃には全員の検定が終わり、13:20頃に結果発表。


自動二輪5名全員合格。
検定員の注意点も「スラローム遅い」のと「平均台早い」だった。


卒業証書ができるまでしばらく時間をつぶして、14:00にはすべて終了。

 

思ったよりも早く終わったので、早速免許交付のため鮫洲へ向かう。受付を済ませて1時間ほどで新しい免許が交付された。

 

5月26日に教習を始めて、だいたい3ヶ月ちょっと、途中ぎっくり腰で3週間休んだので実質2ヶ月半くらい。教習時間も年も年なので10時間くらいオーバーも覚悟していたが、1時間オーバーで済んだ。

かかった費用は
・教習料金             \218,100-
・免許交付費用            \4,100-
・その他交通費など大雑把に   \20,000-

| | コメント (0)

第2段階-17時限目

8/30(木)、1時間乗ってきた。

「みきわめですが、いつもと特に変わりはないので普通にコース周回していてください。」とのことで、今回もひたすらコース周回の指示。最初3周ほど外周を回ってウォーミングアップをしてからスタート地点へ行き、「1コース」と「2コース」を交互に廻る。3日連続乗車なのでスムーズに廻ることができた。

後半になって、ストップウォッチをもって時間計測していた模様。交差点など要所要所には教官がいて安全確認などのチェックをしていた。

無事みきわめもらうことができ、後は卒業検定のみ。

| | コメント (0)

2007年8月31日 (金)

第2段階-16時限目

8/29(水)、1時間乗ってきた。

「検定に向けてしっかり練習してください。」とのことで、今回もひたすらコース周回の指示。最初3周ほど外周を回ってウォーミングアップをしてからスタート地点へ行き、「1コース」と「2コース」を交互に廻る。2日連続乗車なので多少はスムーズに廻ることができた。

順調に行けば残り1時限。

| | コメント (0)

2007年8月29日 (水)

第2段階-15時限目

8/28(火)、1時間乗ってきた。

2週間ぶりの実車だった。本来は「高度なバランス走行」だが第2段階の2時限目で済ましているので、特に課題はなし。
よって、今回もひたすらコース周回の指示。最初3周ほど外周を回ってウォーミングアップをしてからスタート地点へ行き、コース周回を始める。「1コース」と「2コース」を交互に廻る。久しぶりなのでバランス悪く動きもギクシャク、「平均台」では久しぶりに脱輪した。

順調に行けば残り2時限。

| | コメント (0)

2007年8月23日 (木)

第2段階-13,14時限目

8/19(日)、行ってきた。今回は「ケース・スタディー」と「セット教習」で合計3時間。

まずは「ケース・スタディー」。最初は座学で事故が起こりやすい状況の説明。その後はコースで乗用車からの死角を実車を使っての説明。その後、残った時間は通常通りコースを廻る。

次は「セット教習」の1時間目で「シミュレータ」、課題は「危険予測」。「横の車が急に車線変更」「自転車が突然車道に出る」「反対車線のタクシーがいきなりUターン」などの罠がいっぱい。速度感覚がなくあまり速度を出していなかったため1回ぶつかっただけだった。最後に罠の部分を再生しながら説明を受ける。コースをクリアするゲームではないので、ある程度罠に引っかかったほうが説明しやすいのだと思う。

次は「セット教習」の2時間目で「学科」。タイムリーな話題として「高速道路での膝下切断」の話が上る。そのほかにも一緒に受けた受講生の「スピードオーバーでコースアウトして崖から転落」の話など。後半はビデオを見て終了。

ついに残り3時限となった。みきわめ後間を空けず土曜日に「検定」を受けたいので、予約をどうとるかが悩みどころ。

| | コメント (0)

2007年8月13日 (月)

第2段階-12時限目

8/12(日)、1時間乗ってきた。

今回もひたすらコース周回の指示。最初3周ほど外周を回ってウォーミングアップをしてからスタート地点へ行き、コース周回を始める。今回の教習車はブレーキがカックンと効くのでとても乗りづらい。「急制動」では後輪ロックしてしまった。途中からは2つ目のコース説明を受ける。前半のみ違い後半は1つめのコースと同じなのですぐに覚えることができた。

次回は「ケース・スタディー」

| | コメント (0)

第2段階-10,11時限目

8/11(土)、2時間乗ってきた。

今回のメインは「急制動」。まずは急制動のコースまで行き他の教習生の練習を見ながら説明を受ける。「後輪ブレーキは軽く当てる程度。前輪ブレーキーは最初軽く当てて前輪に加重がかかってきたらジワーと握っていく」とのこと。それでは順番にやって見ましょうと言うことで外周コースを廻ってからとりあえずやってみる。ブレーキはうまくいったのだがつい癖で停止寸前にギアを1速に入れてしまい注意される。
何回か繰り返した後で同じことを400ccでやってみるように指示。いきなり大型二輪取得なので400ccに乗るのは今回初めて。車重も軽いし、いつもよりアクセル回さないとスピードでないので、すごく違和感がある。
その後は、体験教習を2つ。最初は「指定速度を出した後、決められた位置に停止」する体験。ブレーキかけ始めの位置は自分で決めなくてはならなく、50cmほどオーバーした。次は「教官の斜め後ろを走り、教官のブレーキ操作に合わせてブレーキ操作して車体が重ならないように停止」する追突体験。通常の車の運転と同じように車間距離を開けていたので余裕で停止できた。

1時間の休憩を挟んで、2時間目。今回も「急制動」がメイン。前回とは違い通常のコースを廻りながらの練習。「急制動」時にギアを1速に入れる癖も何とか直り特に問題なく教習を進める。外周を廻っているときにクランクから出てくる教習車とぶつかりそうになった。左右をちゃんと確認していないのが見えていて事前にアクセルを戻していたので1メートルぐらい手前で停止。思いがけず「急制動」を体験してしまった。

| | コメント (0)

2007年8月 6日 (月)

第2段階-8,9時限目

8/5(日)、2時間乗ってきた。

1時間目は朝一番目の時間帯、気温も涼しいしバイクもひんやりしていていい感じ。コースも問題なし。「スラローム」「平均台」ともに規定時間はクリアしている。「波状路」はちょっと早すぎで5秒前後、コンスタントに6秒前後にはしていきたい。

1時間の休憩を挟んで、2時間目。今回もひたすらコースを周回する。「ウィンカー出す」→「確認」→「車線変更」もだいぶスムーズにできるようになってきた。

いよいよ、次回は「急制動」。

| | コメント (0)

第2段階-7時限目

8/4(土)、1時間乗ってきた。

今回もひたすらコース周回の指示。最初3周ほど外周を回ってウォーミングアップをしてからスタート地点へ行き、コース周回を始める。教官は見てないようでしっかり見ているので、「ウィンカー」のタイミングや「確認」動作について注意される。

順調に行って10時間目の「急制動」までは新たな課題はないようだ。教習日の前日になるとキャンセルがあり多少は予約が取れそうなので、最低でも土日で3時間くらいは乗車して行きたい。

| | コメント (0)

2007年8月 1日 (水)

第2段階-6時限目

7/28(土)、1時間乗ってきた。

今は新たな課題がないので、ひたすらコース周回の指示。自分としては「低速時のバランス」「クラッチ操作」を意識してコースを回ることにした。第2段階は法規走行が教習のメイン内容なので、当然ながら「確認」作業はしっかりと行うようにする。

土曜、日曜にしか乗車できそうもないし、学校が夏休みで予約が取りづらいので、このままいくと免許取得は9月頭か9月中旬になりそう。

| | コメント (0)